Blog 

文楽オペラ『日高川入相花王』を開催

当公演は人形浄瑠璃でおなじみの「冨田人形」とのコラボ。約9年ぶりに再演されたというこの文楽オペラは、ひらのりょうこさん脚本、植松さやかさん作曲のもので、親しみやすいメロディでありながら、曲に込められた強い思いと魂の入った人形の演舞がその魅力をより一層引き立てて、とても緊張感のある素晴らしい舞台となりました。

5/26(日)には余呉公演も開催され、たくさんの方にこの公演を見ていただくことができ、来場された皆さんには大変ご好評をいただきました。

余呉とびわ、両地域の力を合わせることで実現したこの企画、たくさんの方のご協力があったおかげです。

当公演を開催するにあたり、ご支援くださいました皆様、本当にありがとうございました。

PAGE TOP